« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年GW・帰省日記 ダム巡り編

お待たせいたしました!(笑)

GWに行った、ダム巡りの模様をお届けします^^

ご興味のある方は、どうぞご覧くださいまし。

1_134

まず、鬼怒川上流にある、

「五十里ダム」

です♪

このダムの名前は、「いかりだむ」と読みます。

なんでも、日本橋から五十里離れてることから、この名前がついたのだとか。

2_85

すごくキレイな景色で、すさんだ心が癒されていくようでした。

3_39

毎度おなじみ、放流口の上から撮影しました。

高所恐怖症の私ですが、ついつい下を覗いてみたくなっちゃうんですよねー^^;

5_13

せっかくなので、記念撮影♪

くうちゃん、空気が美味しいのかな?

なんだか嬉しそうです^^

6_9

あ、もうイヤになっちゃったのかな・・・。

さて、五十里ダムを後にして、続いては・・・

8_3

「川治ダム」

です♪

ここは見てのとおり、私の好きで嫌いな(笑)アーチ式ダム。

この形はきれいで好きなんだけど、何とも言えない恐怖感があるんですよね^^;

このダムに到着した途端、ダムの管理をしてる方から、

「ダム見学して行きませんか?」と声をかけていただきました。

なんでも、今日までダムの内部の見学をさせてもらえるのだとか。

「いやー、犬連れなので・・・」

とお断りしたのですが、

「大丈夫ですよー、窓をちょっと開けていけば^^」

とにこやかにダム見学を勧められました。

たしかに、風が結構あって涼しかったので、くうにはお留守番していただいて、ダム見学に参加することに。

案内係のお兄さんに連れられ、エレベーターに乗り、グングン下に降りていきました。

9_4

ここは、関係者しか降りられない、管理用階段。

ものすごい急で、怖かったです。

もちろん、上から見せてもらうだけでした。

しばらくダムの中を歩いていき、一歩外に出ると・・・

10_3

うわぁーー!!

分かります?ダムの側面のキャットウォークと呼ばれる、点検用通路なのですが・・・

下が丸見えです(汗)

おにいさんは普通に歩いていましたが、私はひぇー!って感じでしたよ^^;

ちなみにここはどの辺かというと・・・

7_6

ここです^^;

ちょうどダムの中腹ぐらいだそうです。

高さは140メートル。地面に20メートル埋まってるんで、地上に出てるのは120メートル。

つまり地上60メートルのところに立ってるんです。

真下を覗いてみると・・・

13_6

こ、こわっ(汗)

こんな感じなんで、最初はちょっと足がすくんでしまった私。

でも、色々説明してもらいながら歩いてるうちに、だんだん楽しくなってきました♪

「うっきょー、たーのしー!」

って感じで、最終的には小走りで移動しちゃってました^^

12_2

ここは、流れてくる水の勢いを弱める、水槽のようなところだそうです。

14_2

しっかり記念撮影♪

すごい貴重だなー。嬉しいです^^

そうそう、案内係のおにいさん、最初は主人に向かって色々説明をしてくれてたんです。

でも、私の妙に浮かれて写真を撮りまくってるところや、

「すげー」とかブツブツ言ってる姿を見て、

「あ、この人のほうがダムが好きなんだ」って気付いたらしく、後半は私に向かって説明してくれてました^^;

お恥ずかしい・・・。

15_1

これはダムの内部にある、蛇口。

どんなにしっかり作っても、どうしても漏水があるんだそうです。

なので、ここからその水を出しているのだとか。

さてさて、楽しいダム見学もあっという間に終わり。

本当に楽しかったんで、おにいさんに、

「楽しかったです!ありがとうございました!」ってお礼を言いました^^

そして、お留守番をしてたわが娘は、当然不機嫌。

ちょこっとお散歩することに。

16_2

そして、もちろん記念撮影♪

この後、プイプイ君に会いに、山を降りていったのでした・・・。

・・・うーん、長くなっちゃってるけど、次の日に行ったダムも書かせてください。

30

「玉原ダム」

です♪

ここは「たんばら高原」ってところにあるので、読み方は「たんばら」でいいと思うのですが・・・

ダムで流れていた説明では「たまはらダム」と言ってました。

どっちが本当なの??

と思い、調べてみたところ、

最初は「たまはらダム」という名前だったらしいのですが、「たんばら高原」という呼び名に合わせて「たんばらダム」に呼び名が変更されたそうです^^

ダムで流れてたアナウンスが古いだけなんですね。

31

ここは、「藤原ダム」(ヤフーブログ時代に、UPしたことがあります)の水を吸い上げて、それを再度落とすことで発電する、揚水ダムです。

なので、朝と夕では、全然水量が違うようです。

ちなみに、良くブログに登場してる「城山湖」も揚水ダムです。

32

ここは、特に観光用の施設があるわけではなく、トイレと駐車場ぐらいしかないのですが、とにかく景色がきれい!

なので、お散歩するのには最高だと思います^^

山の上の方なので、風が結構強いですが、暑い日には(実際、この日は猛暑でした)心地よい感じでしたよ。

34

放流口の上から。

揚水ダムだから、滅多に放流することはないと思います。

あまりに気持ちがいいので、のーんびりお散歩をして、玉原ダムを後にしました・・・。

以上、GWダム巡りの模様をお伝えしました^^;

ものすごい長くなっちゃって、すみませんでした!

お付き合いいただき、ありがとうございます♪

今回のダム巡りで、ますますダム好きになっちゃった私。

さーて、次はどこへ遠征しようかなー♪

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年GW・帰省日記 その2

さて、次の日・・・

群馬はとってもいい天気!気温もグングン上昇しました。

まず、とあるダムへ(笑)

その辺の模様は、昨日のダム巡りと共に、後日UPさせていただきます^^

(あまりにマニアックなので、ひかないでね)

それから、中之条町の嵩山まで行って来ました♪

23_1

ここは、沢山の鯉のぼりで有名なところです。

24_1

元気に泳いでますね^^

険しい山から連なる鯉のぼりたちに、しばし見とれてしまいました。

そしてここは、

25_1

芝桜がキレイなところでもあります。

ちょっと早かった?遅かった?

少しまだらな感じではありますが、すごくキレイでしたよ♪

さーて、毎度おなじみ、記念撮影。

26_2

案の定、不満げな表情ですねぇ^^;

この日はとにかく暑かったので、若干バテ気味だったのかも。

・・・・・・さてさて、日にちは変わって(笑)翌日です。

帰省最終日。

この日は昨日よりさらに暑くなり、30度近くまであがりました。

もう真夏じゃん!!

そういうわけで、多少は涼しいであろう、河川敷へ。

27_1

うーん、河川敷も暑さは変わらず(汗)

日差しもすごくて、皮膚が焼けていく音が聞こえるほど(嘘)

28_1

くうもゼエゼエ・ブヒブヒ言いながら歩いていました。

なので、すぐ撤収!!

お家でまったりすることに。

29

くうちゃん、まったり中^^

そして、渋滞が落ち着き始めた、午後10時に実家を出発♪

自宅に着いたのは、午前2時半でした^^;

・・・と言うわけで、帰省日記、終了です。

っと、いつもより短めですよね^^;

実は、今回の帰省直前、くうが体調を崩してたんです。

どうやら食物アレルギーらしく、今まで食べてたドッグフードが突然合わなくなっちゃったんです。

で、その治療中で、今回の帰省は無理できなかったため、一日の大半をお家で過ごしていました。

なので、今回の帰省日記は、短いものになってしまいました・・・。

その代わり、と言っては何ですが(笑)

近々、ダム鑑賞日記をUPさせていただきます(汗)

お楽しみに♪(って、楽しみになんかしてないですよね)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年GW・帰省日記 その1

ご無沙汰しております!!

くうの母のkanaでございます^^;

最近めっきりブログを書く気力を失ってました・・・

って言っても、mixiはしっかりやってた訳ですが(汗)

久々に、更新します♪

・・・恒例の主人の実家への帰省日記でございます^^

今回は、栃木方面に用事があったので、東北自動車道で向かうことに。

午前4時すぎに我が家を出発。

渋滞に巻き込まれる前に、栃木に抜けたいと思っていたのですが・・・

高速に乗る前に、すでに事故渋滞が(涙)

結局、高速に乗るまでに2時間以上かかってしまいました・・・。

まず、鬼怒川の上流に向かいました。

行く先は・・・ダムです(笑)

ここはあくまでついで。メインではありません。

なので、この記事はまた別の機会にUPしたいと思います♪

さてさて、今回のメインイベント!

ブログを通じて仲良くしていただいてる、

プイプイ君プイプイママさん会いに行って来ました^^

17_2

きゃー!プイプイ君、初めまして!

プイプイ君は、くうと同じ歳の男の子。

ずっとブログを拝見してて、まったりさ加減がくうに似てる!

いつかお会いしたい!!って思ってたんです^^

で、ついにその夢が現実のものに♪

18_1

最初は何となく様子を伺っていたものの、すぐこのとおり♪

くうがちょっとビックリ顔なのは、男の子に慣れてないからかな。

全くモテない女の子なので・・・(母に似たのね^^;)

19_2

「ちょっとドキドキしちゃうなー」

20_3

「おとうちゃん、あたしはどうすればいいの?」

父に助けを求める、くう^^;

21_2

プイプイパパ&ママさんにいただいたお洋服です♪

ちょっといい感じ?

ガウガウ言い合ったりしないし、相性良さそうな気がします^^

プイプイ君って、ゼエゼエ言うと、笑い顔になるのね♪

可愛すぎる!!

そうそう、家のくうって、鼻を鳴らすとき、

「ブヒブヒ!」って結構大き目の音が出るんですけど、

プイプイ君は、

「ぷひぷひ♪」って感じの、可愛い音が出るんです^^

同じボストンでも、違うんですねー。

22_2

一通りのご挨拶が終わると、くうはその場で寝の体勢(おいおい!)

すると、プイプイ君も横で伏せをしてくれました^^

全くくうは・・・どこでもそうなのね・・・。

プイプイパパ&ママさん、プイプイ君、お騒がせしてすみませんでした!!

とーっても楽しくて、幸せなひと時を過ごすことが出来ました^^

プイプイ君の、パパママ大好き♪って感じが伝わってきて、すごく大切に育てられてるんだなー、って思いました^^

またお会いできたら嬉しいです♪

さてさて・・・帰省日記は、明日につづく^^

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »